〈商品表示法に基づく表記〉このブログには広告・プロモーションが含まれており広告からのクリックや購入で筆者に収益が発生する場合があります。

ダーツとブログのススメ

ダーツ ゼロワンのルールをできるだけ分かり易く説明します

この記事について

ダーツのゲームの一つゼロワンゲームのルールを
出来るだけ分かり易く説明します。

このページにはプロモーションが含まれています。

おもち

お金がないの。
許してよ。

おもち

今日はゼロワンについて説明するよー。

くろ

ゼロワン?。

しろ

ダーツって何気に専門用語が多いよね。

ゼロワンはダーツで対戦する上で
メインのゲームルールの一つであり
通常ダーツで対戦する時や
プロの大会をする時には必ず使われているゲームルールです。

ダーツをする上では必ずプレイすることになるルールなので
しっかり理解しておきましょう。

おもち

できるだけ分かり易く説明するから
覚えていってね。

ゼロワンのルール説明

おもち

じゃあまず
簡単にゼロワンのルールの説明をするね。

ゼロワンのルール

ゼロワンは
既定の数字を減らしていき最後に0ぴったりで上がるゲームです。
既定の数字は301・501・701など
最後に1が付く事からゼロワンと呼ばれています。

しろ

大体言いたいことは分かるけど…。

おもち

説明だけ見てもしっくりこないよね。
それじゃあ
実際に301をやりながら説明するね。

ゼロワンの最初の数字には
301・501・701・901・1101などの数字があり
対戦には主に501と701が使用されることが多いです。

おもち

今回は一番数の小さい
301で説明していくね。
301の読み方は(さんまるいち)って読むよ。
省略して(さんまる)って読む人もいるから
どちらも同じ意味だと知っておいてね。

くろ

なら501は(ごーまる)
701は(ななまる)だね。

おもち

呑み込みが早くて助かるよ。
じゃあそろそろ投げてくよ~。

おもち

あ…。
(やばい今日変なとこに飛ぶ日だ)

しろ

1ラウンド目
シングル12・シングル18・シングル13
合計得点43点だね。

おもち

1ラウンド目が43点だったから
301から43減って
残り258になったね。

しろ

なるほど!
得点分数字が減るから
最後に丁度0になるように投げればいいんだね。

おもち

正解。
こっちも呑み込みが早かった。
次投げるよ~。

しろ

2ラウンド目は
BULL・BULL・シングル20
合計120点だね。

くろ

おー
高得点だ。
もう終わっちゃいそうだね。

おもち

さて
ゼロワンの重要な所はここからなんだ。

おもち

残りは138だから
BULL・BULL・ダブル19とか
トリプル20・トリプル20・シングル18とか
このラウンドで0にできる数字の組み合わせがあるよね?。

しろ

確かに!
色々組み合わせがあるね。

おもち

ここから
どこを狙って
どう0にするかはプレイヤー次第なんだ。

くろ

なるほど。
人によって狙い方は変わりそうだよね。

おもち

あと179や166みたいにどんな数字を組み合わせても
0にできない数字もあるよ。
それだと次のラウンドまで0にするチャンスが無くなるからね。
出来るだけ0にしやすい数字を残せるように
自分なりに考えて狙うターゲットを決めていくんだ。
この時にどんな数字を狙って残すかはプレイヤーによるから
その人なりの数字の残し方を「アレンジ」って呼ぶよ。

今回はBULL・BULL・ダブル19を狙ってみます。

おもち

あっ…
BULL狙ったんだけど
シングル12に刺さっちゃったね。

しろ

あー。
これじゃあ
残り2本BULL・ダブル19を狙っても0にならないね。

おもち

138点から12点引いて
残りの点数は126になるから
残りの2本をどう投げても
このラウンドで0にはできなくなったね。

今回は2投目もBULLを狙い
もし2投目にBULLが入れば3投目はシングル16を狙って残りを60に
もし2投目がBULLから外れれば
3投目もブルを狙い点数を減らしておこうと考えています。

おもち

上手い人はここで
次のラウンドに0にしやすい様に残す数字を考えて
0にしやすい数字を残したり
自分の得意な数字が残るようにのアレンジをするよ。
僕の場合は普段トリプルの20を練習することが多いから
60残すように考えることが多いよ。

おもち

今回は
2投目がBULLから外れてシングル17に入っちゃったから
3投目もBULLを狙ったよ。

しろ

シングル12・シングル17・BULLで
合計79点だね。

おもち

さて残りは59点だね。
じゃあ
シングル9・BULLを狙ってかっこよく終わらせるよ。

くろ

おー。
最後BULLで終わると
なんかかっこいいねー。

おもち

あっ…。

しろ

残念ちょっと上に行っちゃったねー。

狙っていたターゲットは外れてしまいましたが
自分でどこに投げるかを決め
狙っていたターゲットから外れると
再度残り数字を0にするためにどこに投げるかを考えて投げる。
これがゼロワンの醍醐味となります。
残しておくと0にしやすい数字なども存在し
アレンジ表(0にしやすい数字にする為にどこを狙うかまとめてあるモノ)
なんてものも存在しますが
考え方は人それぞれで試合の内容でアレンジをかえる人もいます。

おもち

自分が考えて決めたターゲットに「バシッ!」っと
決めて0にすると凄く気持ちいいよ。
今回は残りが47だから
シングル17・ダブル15を狙うよ。

くろ


上手くいったね。
シングル17だよ。

おもち

(あっぶねー。)
決めるよ!。

しろ

おー
凄い!。
ダブル15!狙い通り。

おもち

(良かった…)
これで0にする事が出来たね。
2人以上で対戦する場合は先に0に出来た人の勝ちになるよ。

ゼロワンにはラウンドの上限が決まっており
上限ラウンドまでに0に出来たプレイヤーがいなかった場合は
上限ラウンド到達時の残りの点数が低いプレーヤーの勝利となります。

おもち

これが今回の結果だね。
カウントupでも説明したけど
STATSは1ラウンドの平均点数だからね。
フェニックスの器械で投げている場合は
ダーツ1本の平均点数が表示されるからね。

くろ

ねえねえ。
0を越えなかったら数字が減っていくのは分かるんだけど
0を超える点数を出しちゃったらどうなるの?。

おもち

その場合は
0を超えたラウンドの始まった時の数字に戻るんだ。
0を超えたそのラウンドがなかったことになるって
考えたらわかりやすいよ。

おもち

例えば↑の画像みたいに59点残っているとして。

おもち

1投目にシングル19に入りました。
残りは40だよね?。

おもち

この時ダブル20に入れば終わりなんだけど。

おもち

トリプル20(60点)に入ったとします。
これだと残り点数40を超えちゃってるよね。
この残り点数を超えた点数を出しちゃったことを
「BUST」って言うんだ。

おもち

BURSTすると次のラウンドに進んで
BURSTしたラウンドの最初の点数に戻るよ。

しろ

あー
なるほどそういうことね。

おもち

だからこの最後の丁度0にするのが難しくて
なかなか終わらない事もあるんだ。

くろ

難しそう…。

初心者であれば1~20のターゲットを一つを選んで上がりましょう。
数字を調整するか選びやすい的を自分で作っておくのが大事です。
お勧めは
隣に大きな数字がない場所で
たとえば
3が残ってしまうと隣が19と17になってしまい
3を外してしまうと0より低い点数になりがちです。
逆に19を残しておけば
隣は3と2になるので外してもダメージはそれほどではなく
2投目、3投目にチャンスが生まれます。

少しダーツに慣れれば
最後を50に残すという選択肢もオススメです。
BULLで上がるようにBULLで上がる作戦です。
普通にプレイしていればBULLは狙いやすい大変使い勝手が良い数字でもあります。
この作戦ができれば初心者も卒業と言ってもいいと思います。

マスターアウト(MO)・ダブルアウト(DO)について

ゼロワンにはオプションとして追加ルールを設定することができ
オープンアウト・マスターアウト(MO)・ダブルアウト(DO)というルールがあります。

くろ

えー。
まだ覚えることがあるの~。💦

おもち

大丈夫
ここから先は補足だから簡単な追加ルールだよ。
ただ
ダーツの大会では〇〇アウトって説明があるから
これを理解できていないと
どのルールで投げたらいいのか分からないんだ。

オープンアウト最後の1投がダーツボードのどこで上がってもいいルール
マスターアウト(MO)最後の1投をBULL・トリプル・ダブルのどれかで上がらなければBURST扱いになるルール
ダブルアウト(DM)最後の1投をダブルで上がらなければBURST扱いになるルール

しろ

つまり最後の0にする時に
どこを狙って0にするかに指定があるんだね。

おもち

そうなんだ。
正式なダーツの大会ではオープンアウトのルールでやる場合は
ほとんどないからね。(というか見た事ない)

くろ

ちゃんと最後が狙えるように練習あるのみだね。

セパレートBULLについて

おもち

もう一つ補足でセパレートBULLの説明しておくんだけど
これはゼロワンだけじゃなくて
他のルールでも使われる追加ルールなんだ。

セパレートBULLは各ゲームに設定できる追加ルールであり
これを設定すると
BULLの赤い所が25点・黒い所が50点に点数が変わります。

大会などの協議説明の時に
セパレートBULLが付いていたらBULLの点数が赤い所は25点だと認識しておきましょう。

ゼロワンでセパレートBULLのルールの場合は
真ん中の黒い所を狙うことはプロでもかなり難しいことなので
BULLは狙わず
20のトリプルや19のトリプルを狙って
点数を減らしていくのがセオリーとされています。

くろ

つまり
301、セパレートBULL、ダブルアウトなら
BULLの赤い所の点数が25点で
最後にどこかのダブルで上がらないとダメってことだね。

おもち

そう。
理解が早くて助かるよ。

終わりに

今回はゼロワンのルールについて説明しましたが
正直難しいと感じた人もいるのではないでしょうか?

ですが実際にやってみると難しいことはなくすぐ理解できるルールになっています。

一度体験するとわかりますが自分で決めた場所にダーツを投げ
綺麗に上がることができると最高に気持ちがいいです。

是非一度体験してみてください。

おもち

説明を聞くのとやってみるのじゃ全然違うから
まずは一度ゼロワンにチャレンジしてみて欲しいな。
もし
ダーツライブホームを使っている人は
オンライン対戦で僕のアイコンを見かけたらよかったら
声をかけてみてね。

おもち

ダーツ関連の記事は
パチンコ・パチスロをやめてダーツを始めてみない?の記事に
まとめているからよかったら見てみてね。

しろ

じゃあ最後にいつもの宣伝をさせてね。
このブログは
パチンコやオンラインカジノをやめられない人に
具体的なやめ方や代わりになる趣味を提案し
その中でもダーツを積極的にオススメし
ダーツ人口を増やすことが目的の内容になっています。
もしパチンコやオンカジがやめれれない方がいましたら
パチンコ・パチスロをやめる為の方法と知っておきたい考え方
オンラインカジノは犯罪です絶対に手を出さないでくださいの記事も
良かったら見てください。

くろ

あと
パチンコ・パチスロに代わるオススメの趣味の記事で
ダーツ以外の趣味も紹介しているから
興味のある方は見てみてね。

パチンコ・パチスロをやめてダーツとブログを始めてみない? このブログではパチンコ・パチスロどちらも含めたものをパチンコと書いています。 おもち 僕がパ...

パチンコ・パチスロに代わる12のオススメの趣味パチンコ・パチスロをやめて代わりになる趣味を探していませんか?。パチンコ・パチスロの楽しさを知ると以前楽しめていたことも楽しく感じなくなってしまう人が多くいます。その為夢中になれるものを探すことが難しいのです。この記事ではパチンコ・パチスロの代わりになるオススメな趣味を紹介します。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です